ホーム > スポンサー広告 > Jeff Buckleyホーム > Jeff Buckley > Jeff Buckley

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. satoru

    satoru

    2011-04-07 (Thu) 02:44

    素敵なイラストですね。僕もjeffの存在は死後知りました。60年代、70年代を聴き、timを知り、彼を知りました。 カバー曲がオリジナルをいとも簡単に抜きさる、それには圧倒的な力を感じました。
     50年代からのビート、ヒッピー、パンク。その全てを吸収し、昇華させた、NYのハックルベリー フィン。『愛しい人よ、君こそが反抗だ』彼が与えた影響ははかりしれないものがあり、時が過ぎるにつれ増していくのでしょうね。
  2. Takk

    Takk

    2011-08-04 (Thu) 16:56

    コメントありがとうございます。
    ジェフがお好きであればルーファス・ウェインライトもおすすめですよ。
    ジェフほどエモーショナルでない分聴きやすいです。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

57

Jeff Buckley

Jeff Buckley"全ての生命は水から生まれた"ということをどこかで聞いた記憶がある。
命が水からやってきたのであれば、全ての生命は水へと還っていくべきなのかもしれない。ここで言っても仕方ないが、自分が死んだら土の中に埋めてもらうよりも海に散骨希望だ。
そして、そんな風に水の中で「死」について考える時、1人の天才について思いを馳せずにはいられない。
彼の名は、ジェフ・バックリィ。
一般に90年代のロック・アーティストの死でまず筆頭に挙げられるのは、間違いなくカート・コバーンだろう。
カートは、それまでの商業主義に陥った音楽業界を浄化したという考え方ができる。90年代前半、カートによって時代の一部が闇に洗い流されたのだとしたら、90年代後半、ジェフ・バックリィは来るべき後世に対し、光を与えたのだと僕は考える。

その筆頭がレディオヘッドであり、それはトム・ヨークのヴォーカルに顕著に表れているはずだ。
トムは生前のジェフのライブに足を運び、「エモーショナルなのにお涙頂戴ものになっていない」と衝撃を受けたそうだ。トムのヴォーカルの変遷の裏には、ジェフの影響が色濃く見える。

今回は、特にジェフ・バックリィを知らない人のために、オススメアルバムを紹介してみたいと思う。

●「Grace」

ジェフが公式に出したアルバムは、「Grace」1枚のみ。もっと素晴らしい作品もあるけれど、まずはこれを聴かなければ。
とっつきやすいとは言い難いので聴く人を選ぶ音楽だけれど、レディオヘッドや80年代のU2が好きな方であれば、すんなり入っていけると思う。




●「素描:Sketches For My Sweetheart The Drunk」

彼の死後に出された「素描」では、ジェフがお蔵入りさせた幻の2ndアルバムを聴くことが出来る。
神の領域に足を踏み入れたような「Grace」のレベルに達しているとは言えないけれど、よりポップな曲もあり、ロック好きな人には逆に聴きやすいかも。
「80年代はクソだった、Smithsは別だけどね」と本人が語っている通り、ジョニー・マーの煌めくギターを思わせる曲もある。それにしてもこれをお蔵入りさせるとは、ジェフが目指していたものがいかに高いところにあったのかが分かる。

●「即興:Mystery White Boy Tour」

音は良いとは言えないが、僕の知る限り、公式で出ているバンドスタイルのライブCDとしてはこれが最良だと思う。「Grace」の祈りを捧げるような世界とは違い、業火の中で叫び声をあげるような凶暴で荒々しいジェフ・・・。ちなみにThe Smithsの「I Know It's Over」をちょこっとだけカバーしている。




●「Live at "Sin-e"」

現時点で出されているものとしては、これがもっとも「生身のジェフ」に接することができる作品だ。デビュー前のカフェでのライブ盤なので、まだ若干のヴォーカルの若さも目立つけれど、まるで目の前でジェフが歌っているかのような親近感。

1997年、ジェフ・バックリィはミシシッピ川で遺体となって発見された。30歳。溺死。

僕はジェフの存在を死後に知ったので、不思議と彼の死が実感できない。
スタートボタンを押せば、ジェフのギターが、祈りが、狂おしい絶叫が聴こえてくる。
そこには、懸命に生きているジェフ・バックリィの息吹がたしかに感じられるのだから。
2

Comment

  1. satoru

    satoru

    2011-04-07 (Thu) 02:44

    素敵なイラストですね。僕もjeffの存在は死後知りました。60年代、70年代を聴き、timを知り、彼を知りました。 カバー曲がオリジナルをいとも簡単に抜きさる、それには圧倒的な力を感じました。
     50年代からのビート、ヒッピー、パンク。その全てを吸収し、昇華させた、NYのハックルベリー フィン。『愛しい人よ、君こそが反抗だ』彼が与えた影響ははかりしれないものがあり、時が過ぎるにつれ増していくのでしょうね。
  2. Takk

    Takk

    2011-08-04 (Thu) 16:56

    コメントありがとうございます。
    ジェフがお好きであればルーファス・ウェインライトもおすすめですよ。
    ジェフほどエモーショナルでない分聴きやすいです。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop