ホーム > スポンサー広告 > Fiona Apple 東京国際フォーラム(2006.10.14)ホーム > Fiona Apple > Fiona Apple 東京国際フォーラム(2006.10.14)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

12

Fiona Apple 東京国際フォーラム(2006.10.14)

その時、会場にいた誰もの存在が、”彼女”の音楽の一部になったかのように感じた。全ての人の意識が、肉体が、ステージにいる1人の小さな女性に奪われてしまったかのように。

10.14 東京国際フォーラム フィオナ・アップル

以前この東京国際フォーラムでパット・メセニーのライブを見たけれど、急傾斜になっている会場で、音楽自体を楽しむには悪くないホールだ。
歓声が沸き起こり、サポート・バンドがステージに現れた。イントロが始まり、一体いつになったらフィオナが現れるのだろうと思っていたら、いきなり彼女の歌声が。バンドと一緒に、すでにピアノの前に座っていたのだ。
現れたことにも気づかないほど存在自体は普通の少女なのに、歌い出しただけで会場の雰囲気がただならぬものに。

正直、今回のフィオナのライブに期待していたものは、それ程高いものではなかった。2ndアルバムの頃のライブをTVで見た時、デビュー当時の"飢え"が感じられない、何か満たされてしまったような印象を受けた。
今回も、きっと落ち着いてしまったフィオナを見ることになるのだろうと思っていたら・・・・・・大間違いだった。

内に秘めたドス黒いモノを、必死で押し殺すような、しかし時折それが一気にあふれ出してしまうような。

この日、3人のフィオナがいた。
ピアノを弾きながら、切なげに歌う大人っぽいフィオナ。
マイクの前に立ち、髪を振り乱して狂女のように踊り狂うフィオナ。
MCでの、場違いな場所に迷い込んでしまった少女のように戸惑うフィオナ。

後になって、以前付き合っていた"マグノリア"の監督ことポール・トーマス・アンダーソンと破局していたことを知った。
ファンとしては好きなアーティストの幸せを願いたいところだけれど、彼らの"飢え"が大きければ大きいほど素晴らしい作品やライブになってしまう、この矛盾。

その日会場にいた全ての人が、自分自身の存在も忘れてしまうほど圧倒されたはずだ。誰もがどう反応していいのか分からず、曲間では熱を帯びた歓声と、凍り付いたような静けさが交互にやってきた。

改めてフィオナ・アップルに惚れ直すことに。・・・しかし恋人にしたらヤバイと思います。
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop