ホーム > アーカイブ - 2010年11月

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
28

「In This Home of Ice」

Clap Your Hands Say Yeah(クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー以下CYHSY)の音楽をひと言でいい表すなら“independence(インディペンデント)”である。それは広い範囲の言い方をするならパンク以降のロックに脈々と受け継がれているDIY(Do It Yourself)精神。つまりは「勝手にしやがれ(てめえ自身でやれや!)」である。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/5129GDAEBXL._SL160_.jpg" alt="In This Home on Ice [7 inch Analog]" border="0" />Clap Your Hands Say Yeah(クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー以下CYHSY)の音楽をひと言でいい表すなら“independence(インディペンデント)”である。<br />それは広い範囲の言い方をするならパンク以降のロックに脈々と受け継がれているDIY(Do It Yourself)精神。<br />つまりは「勝手にしやがれ(てめえ自身でやれや!)」である。
58

「Nowhere」思春期のみに許された蒼き衝動

一番最初に「ロックとは思春期の賜物である」と言ったのが誰なのか、なんてことは僕は知らない。けれどライドの『Nowhere』を聴くたびに僕が考えるのはそんなコトだったりする。本作がリリースされた90年とはUKシーンにとっては充分過ぎる程の動きがあった。それは時代を遡れば85年のジザメリの1stが創り上げた轟音ギターであり、89年にリリースされたローゼズの1stが魅せたロックとハウスの融合といった大きなうねりであった。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/513%2BLM3e4WL._SL160_.jpg" alt="Nowhere" border="0" />一番最初に「ロックとは思春期の賜物である」と言ったのが誰なのか、なんてことは僕は知らない。<br />けれどライドの『Nowhere』を聴くたびに僕が考えるのはそんなコトだったりする。<br />本作がリリースされた90年とはUKシーンにとっては充分過ぎる程の動きがあった。それは時代を遡れば85年のジザメリの1stが創り上げた轟音ギターであり、89年にリリースされたローゼズの1stが魅せたロックとハウスの融合といった大きなうねりであった。<br />
    Return to Pagetop