ホーム > アーカイブ - 2010年05月

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
30

「Definitely Maybe」今夜のオイラはロック☆スター

ニルヴァーナ等が耕したシニカルなジェネレーションXの土壌に面と向かって唾を吐きかける、まさに傍若無人なデビュー作。のっけからイキナリ「今夜の俺はロックンロールスター」と宣言したかと思えば「俺達だけは永遠に生きられる」とか「俺は俺自身じゃなければいけない」とか90年代に生きていた者にとっては思わず吹き出してしまいそうなことをなんの臆面もなく歌い上げる様はとんでもなく新鮮だった。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51J2GZ34WZL._SL160_.jpg" alt="オアシス" border="0" />ニルヴァーナ等が耕したシニカルなジェネレーションXの土壌に面と向かって唾を吐きかける、まさに傍若無人なデビュー作。<br />のっけからイキナリ「今夜の俺はロックンロールスター」と宣言したかと思えば「俺達だけは永遠に生きられる」とか「俺は俺自身じゃなければいけない」とか90年代に生きていた者にとっては思わず吹き出してしまいそうなことをなんの臆面もなく歌い上げる様はとんでもなく新鮮だった。
26

Ian Curtis 映画「コントロール」

お嫁さんと一緒に「コントロール」を観ていた時のこと。妻が突然ブルーになり出したので聞いてみると、何でもイアン・カーティスの雰囲気が僕に似ているということで、イアンが浮気したので僕も浮気するのではないかとのこと。…おいおい、勝手に一緒にして勝手に落ち込むなと思いつつも、イアン・カーティスに思い入れのない人がこの映画を観ると、浮気して自殺してと最低男として映るのかも?... <a href="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/i/d/i/idiotfactory/ian_curtis_20100523120654.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/i/d/i/idiotfactory/ian_curtis_20100523120654s.jpg" alt="Ian Curtis" border="0" width="159" height="230" /></a>お嫁さんと一緒に「コントロール」を観ていた時のこと。<br />妻が突然ブルーになり出したので聞いてみると、何でもイアン・カーティスの雰囲気が僕に似ているということで、イアンが浮気したので僕も浮気するのではないかとのこと。<br />…おいおい、勝手に一緒にして勝手に落ち込むなと思いつつも、イアン・カーティスに思い入れのない人がこの映画を観ると、浮気して自殺してと最低男として映るのかも?
31

「Is This It」モダン・エイジとは斯く在るべし

ロック・ミュージックとは60年代の時代精神と同意語である。つまり、それ以降のロックバンドに課せられる要素とは、60年代に形成されてしまったフォーマットに如何にして自分たちなりのアティテュードを見出すか、といったトコロに集約されていく様に思える。それは時にグラムの名のもとに派手に着飾ったものであり、パンクのDIY精神の元に叩き壊されてしまったものであった。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/319SP9KQ2ML._SL160_.jpg" alt="Is This It" border="0" />ロック・ミュージックとは60年代の時代精神と同意語である。<br />つまり、それ以降のロックバンドに課せられる要素とは、60年代に形成されてしまったフォーマットに如何にして自分たちなりのアティテュードを見出すか、といったトコロに集約されていく様に思える。<br />それは時にグラムの名のもとに派手に着飾ったものであり、パンクのDIY精神の元に叩き壊されてしまったものであった。<br />
27

Summertime-EP The DrumsはSmithsの後継という噂は本当か?

本当である。…と言ったらミもフタもないのだが、あくまで精神性の面において、だ。音的にいえば、GirlsがジザメリミーツBeach Boys、DelphicがNew OrderミーツUnderWorldだとしたら、このThe DrumsはNew OrderミーツBeach Boys、といったところか。New Orderがさらに下手くそになって、50年代の海辺にタイムスリップしてハジけちゃいました、というような。「わーい、夏だ海だ楽しいな。けどなんか空しいな。」、みたいな。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41JpQ5%2BwpcL._SL160_.jpg" alt="Summertime" border="0" />本当である。<br />…と言ったらミもフタもないのだが、あくまで精神性の面において、だ。<br />音的にいえば、GirlsがジザメリミーツBeach Boys、DelphicがNew OrderミーツUnderWorldだとしたら、このThe DrumsはNew OrderミーツBeach Boys、といったところか。<br />New Orderがさらに下手くそになって、50年代の海辺にタイムスリップしてハジけちゃいました、というような。<br />「わーい、夏だ海だ楽しいな。けどなんか空しいな。」、みたいな。
24

世界最遅2009年UKロック・USロックランキング(後編)

MiTsu(以下M):前回は2009年UK・USロックランキングの10位~6位を行った訳だけど、今回は続きだね。Takk(以下T):2010年に入ってUSロック勢ではVampire Weekend、Spoon、さらにはThe Drums、UKロック勢ではDelphic、といったグループが注目されているけれど、それに比べると2009年はこれといったものがなかったね。M:今回の選には漏れたけど、Ida Maria「Fortress Round My Heart」は個人的には2009年の新譜ではトップ3に入る... MiTsu(以下M):前回は2009年UK・USロックランキングの10位~6位を行った訳だけど、今回は続きだね。<br /><br />Takk(以下T):2010年に入ってUSロック勢ではVampire Weekend、Spoon、さらにはThe Drums、UKロック勢ではDelphic、といったグループが注目されているけれど、それに比べると2009年はこれといったものがなかったね。<br /><br />M:今回の選には漏れたけど、Ida Maria「Fortress Round My Heart」は個人的には2009年の新譜ではトップ3に入る作品だったよ。若さ溢れる直球がロックリスナーとしては素直に嬉しい作品。<br />ここまで直球なロケンロールはボビーギレスピーも真っ青じゃないかな(笑)
25

「Parachutes」名曲「Yellow」を聴かずして死ぬなかれ

Travisが打ち立てたUK叙情派ギターロック路線に颯爽と乗り込み、デビューアルバムにも関わらず600万枚を売り上げた美味しすぎるバンド、コールドプレイ。僕がここから想起するのはマンチェの頃のシャーラタンズやブリットポップ期のクーラ・シェイカー。楽曲のクオリティもほぼ同時期に発売された『The Man Who』と較べて遥かに見劣りがする。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/313NygFe0PL._SL160_.jpg" alt="Parachutes" border="0" />Travisが打ち立てたUK叙情派ギターロック路線に颯爽と乗り込み、デビューアルバムにも関わらず600万枚を売り上げた美味しすぎるバンド、コールドプレイ。<br />僕がここから想起するのはマンチェの頃のシャーラタンズやブリットポップ期のクーラ・シェイカー。<br />楽曲のクオリティもほぼ同時期に発売された『The Man Who』と較べて遥かに見劣りがする。<br />
19

世界最遅2009年UKロック・USロックランキング(前編)

Takk(以下T):ちょっと遅めですが、2009年のUKロック及びUSロックアルバムのランキングを行いたいと思います。MiTsu(以下M):ちょっとどころか遅過ぎだって! そろそろ2010上半期ランキングの時期じゃん。T:まあまあ、このサイトもめでたくオープンってことで、サイト紹介がてらやってみようよ。お互い今までブログとかやってきたけど、しばらくはその文章や不出のテキストを入れ込んでいくのが主になるね。... Takk(以下T):ちょっと遅めですが、2009年のUKロック及びUSロックアルバムのランキングを行いたいと思います。<br /><br />MiTsu(以下M):ちょっとどころか遅過ぎだって! そろそろ2010上半期ランキングの時期じゃん。<br /><br />T:まあまあ、このサイトもめでたくオープンってことで、サイト紹介がてらやってみようよ。<br />お互い今までブログとかやってきたけど、しばらくはその文章や不出のテキストを入れ込んでいくのが主になるね。
23

The XX 代官山UNIT(2010.5.14 )

2009年のThe XXの登場は、Arctic monkeysやThe Libertinesらに代表されるいわゆるゼロ世代ガレージロックの流れを断絶する役目をもっていた、と僕は勝手に解釈している。The Strokesの影響化にあったこれらのグループには、若さや勢いといったものを特権にした要素が少なからずあった。The XXには、それがない。... <a href="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/i/d/i/idiotfactory/the_xx.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/i/d/i/idiotfactory/the_xxs.jpg" alt="The XX" border="0" width="160" height="182" /></a>2009年のThe XXの登場は、Arctic monkeysやThe Libertinesらに代表されるいわゆるゼロ世代ガレージロックの流れを断絶する役目をもっていた、と僕は勝手に解釈している。<br />The Strokesの影響化にあったこれらのグループには、若さや勢いといったものを特権にした要素が少なからずあった。<br />The XXには、それがない。
20

「Amnesiac」アルバムアーティスト崩壊の予感

前作『キッドA』との同時レコーディングの賜物(!?)だろうか。僅か1年足らずでのリリースとなったレディへの5th『アムニージアック』(記憶喪失者の意とのこと)。トム・ヨーク曰く「KID Aは炎を遠くから見ている音。AMNEISIACはその炎の中にいる気分の音なんだ」と語っている様に、本作では『キッドA』同様にエレクトロニカの流れを感じさせつつも音の随所に細かな手法が施されている。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/415zOVxmhHL._SL160_.jpg" alt="Amnesiac" border="0" />前作『キッドA』との同時レコーディングの賜物(!?)だろうか。<br />僅か1年足らずでのリリースとなったレディへの5th『アムニージアック』(記憶喪失者の意とのこと)。<br />トム・ヨーク曰く「KID Aは炎を遠くから見ている音。AMNEISIACはその炎の中にいる気分の音なんだ」<br />と語っている様に、本作では『キッドA』同様にエレクトロニカの流れを感じさせつつも音の随所に細かな手法が施されている。
4

Lee Mavers & John Power(The La's)

10年以上のブランクを経て、2005年のサマーソニックのラインナップに「THE LA'S」とあった時の衝撃は一生忘れないだろう。そしてその後、リーの現在の顔写真をネットで見た時の衝撃も・・・。若い時の雄々しさもどこへやら、ヘドロのように崩れた顔面、苦悩のただ中にいるような表情、ドロンとした目はヤク中のそれ。... <a href="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/i/d/i/idiotfactory/lee_mavers.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/i/d/i/idiotfactory/lee_maverss.jpg" alt="lee mavers" border="0" width="160" height="164" /></a>10年以上のブランクを経て、2005年のサマーソニックのラインナップに「THE LA'S」とあった時の衝撃は一生忘れないだろう。<br />そしてその後、リーの現在の顔写真をネットで見た時の衝撃も・・・。<br />若い時の雄々しさもどこへやら、ヘドロのように崩れた顔面、苦悩のただ中にいるような表情、ドロンとした目はヤク中のそれ。<br />
9

KID A 覚醒する瞬間(とき)

ついに来た。前作『OKコンピューター』でギターロックバンドとしての完璧なヴィジョンを掲示した彼等が辿りついた無我の境地。其処には一片の無駄もない緻密に組み上げられた音の空間が在る。極限まで抑えられたメロディ、意味を持たない言葉の羅列、ハードディスク・レコーディングによってミクロにまで解体、再構築された楽曲は本当に驚嘆するしかない。まさに『EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE(すべてがあるべきところにある)』... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51718f%2BUqAL._SL160_.jpg" alt="Kid A" border="0" />ついに来た。前作『OKコンピューター』でギターロックバンドとしての完璧なヴィジョンを掲示した彼等が辿りついた無我の境地。<br />其処には一片の無駄もない緻密に組み上げられた音の空間が在る。極限まで抑えられたメロディ、意味を持たない言葉の羅列、ハードディスク・レコーディングによってミクロにまで解体、再構築された楽曲は本当に驚嘆するしかない。<br />まさに『EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE(すべてがあるべきところにある)』だ。
8

OK COMPUTER 有無をいわせない完璧さは時に仇となる

本作『OK COMPUTER』は言うまでもなく90年代のロック・ミュージックが成し得たひとつの“到達点”である。これはレディオヘッドというバンドの好き嫌いというレヴェル以前の問題であり、音楽を生業とするものなら否応なく認めなくてはならない事実である。とにかくひとつの音の成り立ちから曲の構成、音の空間を自在に操る~時にサウンドコラージュがあり前作にもみられるダヴやトリップホップといったエクスペリメンタルな音作り~... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41HoCfmxA4L._SL160_.jpg" alt="OK Computer" border="0" />本作『OK COMPUTER』は言うまでもなく90年代のロック・ミュージックが成し得たひとつの“到達点”である。<br />これはレディオヘッドというバンドの好き嫌いというレヴェル以前の問題であり、音楽を生業とするものなら否応なく認めなくてはならない事実である。<br />とにかくひとつの音の成り立ちから曲の構成、音の空間を自在に操る~時にサウンドコラージュがあり前作にもみられるダヴやトリップホップといったエクスペリメンタルな音作り~は聴くものを圧倒的に支配する。
    Return to Pagetop