ホーム > UK ROCK

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
61

「A Rush of Blood to the Head」試行錯誤の後が色濃く浮かび上がる2nd

『A Rush of Blood to the Head(頭に血が上る)』をどう意訳したら“静寂の世界”になるのだろうか?そういうささいなツッコミがどうでもよくなるくらいのスケールの大きさが本作にはある。冒頭「Politik」の圧倒的なストリングスがそれを確かに掲示する。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41xQLknZdYL._SL160_.jpg" alt="A Rush of Blood to the Head" border="0" />『A Rush of Blood to the Head(頭に血が上る)』をどう意訳したら“静寂の世界”になるのだろうか?<br />そういうささいなツッコミがどうでもよくなるくらいのスケールの大きさが本作にはある。<br />冒頭「Politik」の圧倒的なストリングスがそれを確かに掲示する。<br />
60

「Hail to the Thief」

ギターロックへの回帰。本作を聴く上で共通するテーマは間違いなくコレなのだけど、多くのリスナーも感じている“予測の範疇”を大きく上回る出来であったかどうか? と訊かれたら答えはノーだろう。そういう意味では通算6作目にあたる『Hail to the Thief』は“良くも悪くもレディヘ”な音なんじゃないかと僕は思っている。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51KNY3EKJZL._SL160_.jpg" alt="Hail to the Thief" border="0" />ギターロックへの回帰。<br />本作を聴く上で共通するテーマは間違いなくコレなのだけど、多くのリスナーも感じている“予測の範疇”を大きく上回る出来であったかどうか? と訊かれたら答えはノーだろう。<br />そういう意味では通算6作目にあたる『Hail to the Thief』は“良くも悪くもレディヘ”な音なんじゃないかと僕は思っている。
59

The Smiths

The Smithsを聴いていると、"もし10代の多感な時期に聴いていたら"とふと思うことがある。子供の頃、転校したことにより周りの世界が180度変わった気がした。それまでは小さな頃から気の知れた友達に囲まれていて、今更「自分はこういうやつなんだ」などと分かってもらう必要はない。しかし転校すると、誰も自分のことを知らない環境。サラサラヘアーで女の子に間違われやすく、しかもピアノをやっている少年が、ある日突然知らな... <a href="https://blog-imgs-36-origin.fc2.com/i/d/i/idiotfactory/johnny_marr.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-36-origin.fc2.com/i/d/i/idiotfactory/johnny_marrs.jpg" alt="Johnny Marr" border="0" width="160" height="228" /></a>The Smithsを聴いていると、"もし10代の多感な時期に聴いていたら"とふと思うことがある。<br />子供の頃、転校したことにより周りの世界が180度変わった気がした。それまでは小さな頃から気の知れた友達に囲まれていて、今更「自分はこういうやつなんだ」などと分かってもらう必要はない。しかし転校すると、誰も自分のことを知らない環境。<br />サラサラヘアーで女の子に間違われやすく、しかもピアノをやっている少年が、ある日突然知らない坊主頭の中に混じって過ごすことは、なかなかヘビーなものがある。
58

「Nowhere」思春期のみに許された蒼き衝動

一番最初に「ロックとは思春期の賜物である」と言ったのが誰なのか、なんてことは僕は知らない。けれどライドの『Nowhere』を聴くたびに僕が考えるのはそんなコトだったりする。本作がリリースされた90年とはUKシーンにとっては充分過ぎる程の動きがあった。それは時代を遡れば85年のジザメリの1stが創り上げた轟音ギターであり、89年にリリースされたローゼズの1stが魅せたロックとハウスの融合といった大きなうねりであった。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/513%2BLM3e4WL._SL160_.jpg" alt="Nowhere" border="0" />一番最初に「ロックとは思春期の賜物である」と言ったのが誰なのか、なんてことは僕は知らない。<br />けれどライドの『Nowhere』を聴くたびに僕が考えるのはそんなコトだったりする。<br />本作がリリースされた90年とはUKシーンにとっては充分過ぎる程の動きがあった。それは時代を遡れば85年のジザメリの1stが創り上げた轟音ギターであり、89年にリリースされたローゼズの1stが魅せたロックとハウスの融合といった大きなうねりであった。<br />
55

「Pentangle(ペンタングル)」

今日は前回の宣言通りPentangle(ペンタングル)について書こうと思う。前回書いたフェアポートと異なり、ペンタングルはバンドというよりは5人の卓越した才能をもったミュージシャンの集合体だと思って貰った方がイイかもしれない。だから当然クリエイター集団であるが故の孤高さと一種の排他的なイメージが常に彼等の音楽には付き纏っているわけ。しかしだ。それを補って余りある(在りすぎます)高い音楽性は見過ごすわけには参りま... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41yfupGj7bL._SL160_.jpg" alt="Pentangle" border="0" />今日は前回の宣言通りPentangle(ペンタングル)について書こうと思う。<br />前回書いたフェアポートと異なり、ペンタングルはバンドというよりは5人の卓越した才能をもったミュージシャンの集合体だと思って貰った方がイイかもしれない。<br />だから当然クリエイター集団であるが故の孤高さと一種の排他的なイメージが常に彼等の音楽には付き纏っているわけ。<br />しかしだ。それを補って余りある(在りすぎます)高い音楽性は見過ごすわけには参りません。
53

「What We Did On Our Holidays」

今日はトラッドについて書いてみたいと思う。何故、今トラッドなのか?それは単純に僕が好きだからなんだけど、例えばファッションとかケルト民謡等に代表される風俗的・文学的な要素もさることながら音楽性に勝るところはないのです、やはり。ディラン等に代表されるアメリカのフォークロックとは一線を画し、あくまで英国の手法と解釈で独自のフォーク・ミュージックとして今に語り継がれる伝統的な音楽、だからトラディショナル... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61PY7d%2BI%2BJL._SL160_.jpg" alt="What We Did on Our Holidays" border="0" />今日はトラッドについて書いてみたいと思う。<br />何故、今トラッドなのか?<br />それは単純に僕が好きだからなんだけど、例えばファッションとかケルト民謡等に代表される風俗的・文学的な要素もさることながら音楽性に勝るところはないのです、やはり。<br />ディラン等に代表されるアメリカのフォークロックとは一線を画し、あくまで英国の手法と解釈で独自のフォーク・ミュージックとして今に語り継がれる伝統的な音楽、だからトラディショナルフォーク=トラッドなわけです。
52

「The Man Who」UK叙情派ギターロックの原点が此処にある

レディオヘッドが『OKコンピュータ』で英国のロックシーンに大きな風穴を開けてしまった98年~99年というのは本当に退屈な時期(一部の良心的なバンドを除いてね)であった。そんな風穴の隙間からそっと手を差し伸べてくれた作品が本作『The Man Who』である。デビュー時はまるでノエル・ギャラガーの弟分な存在だったトラヴィスというバンドがまさかこんなにも素晴しい作品を創り上げるなんて誰が予想しただろうか。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/314VBD75Z4L._SL160_.jpg" alt="The Man Who" border="0" />レディオヘッドが『OKコンピュータ』で英国のロックシーンに大きな風穴を開けてしまった98年~99年というのは本当に退屈な時期(一部の良心的なバンドを除いてね)であった。<br />そんな風穴の隙間からそっと手を差し伸べてくれた作品が本作『The Man Who』である。<br />デビュー時はまるでノエル・ギャラガーの弟分な存在だったトラヴィスというバンドがまさかこんなにも素晴しい作品を創り上げるなんて誰が予想しただろうか。
49

「Grey Will Fade」ガーリー&ゴスな彼女の素顔!?

好きなんですよね、シャーロット・ハザレイ。だってカッコイイじゃないですか。ASHのフロントマン、ティムを置き去りにするギターワークとクールなスタンスは本当に男前。見ていて惚れ惚れします。男女問わず彼女に惹かれてしまう気持、よく分かりますね~♪ と言うコトで、そんなちょっとした私情をはさみつつ聴いてしまった彼女のソロ1作目。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61TCHSXGSTL._SL160_.jpg" alt="Grey Will Fade" border="0" />好きなんですよね、シャーロット・ハザレイ。<br />だってカッコイイじゃないですか。<br />ASHのフロントマン、ティムを置き去りにするギターワークとクールなスタンスは本当に男前。見ていて惚れ惚れします。<br />男女問わず彼女に惹かれてしまう気持、よく分かりますね~♪ と言うコトで、そんなちょっとした私情をはさみつつ聴いてしまった彼女のソロ1作目。
48

The Who 思春期に聴くべきロックンロール

2004年の夏を思い出すと、胸のあたりがヒリヒリする。あれは幻だったんじゃないか、と。 ロック・オデッセイの、ロジャー・ダルトリー とピート・タウンゼント。THE WHO初来日。 時が経つにつれ、生き残ったあの2人と同じ空間にいたということが信じられなくなる。... <a href="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/i/d/i/idiotfactory/keith_moon.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/i/d/i/idiotfactory/keith_moons.jpg" alt="Keith Moon" border="0" width="160" height="219" /></a>2004年の夏を思い出すと、胸のあたりがヒリヒリする。あれは幻だったんじゃないか、と。 <br />ロック・オデッセイの、ロジャー・ダルトリー とピート・タウンゼント。THE WHO初来日。 <br />時が経つにつれ、生き残ったあの2人と同じ空間にいたということが信じられなくなる。
44

「Unfinished Monkey Business」マンチェのボス猿《初志貫徹》の一撃

ロック・ミュージック史にその名を刻んだマンチェの最重要バンドを一つだけ挙げるとすれば、それは言うまでもなくニューオーダー。そして最重要アルバムを一枚挙げるならそれは『THE STONE ROSES』なんだと思う。本作はそのフロントマンであるイアン・ブラウンの1stソロアルバム。ただしこの作品には間違っても記念碑的といった銘が打たれることは無い。何故ならばこの作品には終始、ある種の悲壮感が漂っているのだから。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/4183DHCW4SL._SL160_.jpg" alt="Unfinished Monkey Business" border="0" />ロック・ミュージック史にその名を刻んだマンチェの最重要バンドを一つだけ挙げるとすれば、それは言うまでもなくニューオーダー。<br />そして最重要アルバムを一枚挙げるならそれは『THE STONE ROSES』なんだと思う。本作はそのフロントマンであるイアン・ブラウンの1stソロアルバム。<br />ただしこの作品には間違っても記念碑的といった銘が打たれることは無い。<br />何故ならばこの作品には終始、ある種の悲壮感が漂っているのだから。<br />
43

「Psychocandy」ノイズの向こうにみえた一筋の光明

SEX PISTOLS以来の衝撃と絶賛された、まさに衝撃的なデビューアルバム。と書いてしまえれば聞こえはイイのだけど、当時の様相はそんな生易しいものなんかでは決してなかった。パンクが見事に解体してしまったロック・ミュージックの更地には誰もが新たな建造物を打ち立てようと細々とした抵抗を試みた、そんな頃。数少ない良心の呵責にとらわれたUKインディーバンドはそれをポスト・パンクやネオアコとして消化したいわゆる《暗黒... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Hedl5uJnL._SL160_.jpg" alt="サイコ・キャンディ" border="0" />SEX PISTOLS以来の衝撃と絶賛された、まさに衝撃的なデビューアルバム。<br />と書いてしまえれば聞こえはイイのだけど、当時の様相はそんな生易しいものなんかでは決してなかった。<br />パンクが見事に解体してしまったロック・ミュージックの更地には誰もが新たな建造物を打ち立てようと細々とした抵抗を試みた、そんな頃。<br />数少ない良心の呵責にとらわれたUKインディーバンドはそれをポスト・パンクやネオアコとして消化したいわゆる《暗黒の時代》。
42

「Screamadelica」白昼夢さながらの酔いどれ名盤

80年代末期からこの『Screamadelica(スクリーマデリカ)』が発表された91年という時代はセカンド・サマー・オブ・ラブと呼ばれたムーヴメントが勃興していた年。主なトコではマッドチェスター、アシッドハウス、シューゲイザー等など。そして同年にはカート・コバーン率いるニルヴァーナが『ネヴァーマインド』を発表。つまりは英米揃って90年代のロックに最初の地殻変動が訪れていた頃。そんな大層な時期に我らがボビー・ギレスピ... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41B9H1NRTZL._SL160_.jpg" alt="Screamadelica" border="0" />80年代末期からこの『Screamadelica(スクリーマデリカ)』が発表された91年という時代はセカンド・サマー・オブ・ラブと呼ばれたムーヴメントが勃興していた年。<br />主なトコではマッドチェスター、アシッドハウス、シューゲイザー等など。<br />そして同年にはカート・コバーン率いるニルヴァーナが『ネヴァーマインド』を発表。<br />つまりは英米揃って90年代のロックに最初の地殻変動が訪れていた頃。<br />そんな大層な時期に我らがボビー・ギレスピーは一体何をやっていたのかというと・・・・・・・
    Return to Pagetop