ホーム > Coldplay

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
61

「A Rush of Blood to the Head」試行錯誤の後が色濃く浮かび上がる2nd

『A Rush of Blood to the Head(頭に血が上る)』をどう意訳したら“静寂の世界”になるのだろうか?そういうささいなツッコミがどうでもよくなるくらいのスケールの大きさが本作にはある。冒頭「Politik」の圧倒的なストリングスがそれを確かに掲示する。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41xQLknZdYL._SL160_.jpg" alt="A Rush of Blood to the Head" border="0" />『A Rush of Blood to the Head(頭に血が上る)』をどう意訳したら“静寂の世界”になるのだろうか?<br />そういうささいなツッコミがどうでもよくなるくらいのスケールの大きさが本作にはある。<br />冒頭「Politik」の圧倒的なストリングスがそれを確かに掲示する。<br />
25

「Parachutes」名曲「Yellow」を聴かずして死ぬなかれ

Travisが打ち立てたUK叙情派ギターロック路線に颯爽と乗り込み、デビューアルバムにも関わらず600万枚を売り上げた美味しすぎるバンド、コールドプレイ。僕がここから想起するのはマンチェの頃のシャーラタンズやブリットポップ期のクーラ・シェイカー。楽曲のクオリティもほぼ同時期に発売された『The Man Who』と較べて遥かに見劣りがする。... <img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/313NygFe0PL._SL160_.jpg" alt="Parachutes" border="0" />Travisが打ち立てたUK叙情派ギターロック路線に颯爽と乗り込み、デビューアルバムにも関わらず600万枚を売り上げた美味しすぎるバンド、コールドプレイ。<br />僕がここから想起するのはマンチェの頃のシャーラタンズやブリットポップ期のクーラ・シェイカー。<br />楽曲のクオリティもほぼ同時期に発売された『The Man Who』と較べて遥かに見劣りがする。<br />
10

ColdPlay 日本武道館(2006.7.19)

その日まで、僕のコールドプレイに対する思いは微妙なものだった。悪くはないけど、深い所までのめり込めないバンド。彼らがデビューした当初、やたら「ポスト・レディオヘッド」と言われていた。実際、彼らの名曲「Yellow」は、レディヘの「High and Dry」がなければ生まれなかった曲だと思う。「僕はいじめられっ子だったんだ。皆が僕のことを嫌いだったように、僕も自分が嫌いだった。」これはフロントマン、クリス・マーティン... その日まで、僕のコールドプレイに対する思いは微妙なものだった。<br />悪くはないけど、深い所までのめり込めないバンド。<br />彼らがデビューした当初、やたら「ポスト・レディオヘッド」と言われていた。実際、彼らの名曲「Yellow」は、レディヘの「High and Dry」がなければ生まれなかった曲だと思う。<br />「僕はいじめられっ子だったんだ。皆が僕のことを嫌いだったように、僕も自分が嫌いだった。」<br />これはフロントマン、クリス・マーティンの言だ。
    Return to Pagetop